東京にオフィス移転するときの見積もりのとり方

都内に移転する理由はどのようなものがあるか

地方にある会社は、テナントを借りている場合でも費用が安いことにメリットがありますが、その反面東京のオフィスに比べると何かと問題点があります。まず1つ目は信頼に関する点です。基本的に、会社の住所が東京23区内にあったほうが、信頼できる会社と思われやすいです。何故かと言えば、23区内にある会社ならば、テナント費用も高く経費がかかるため、よい立地で運営しているため信頼されます。もう一つの理由は、23区内には多くの会社があるため、他の会社に行き来する時に非常に便利です。そのような理由から東京にオフィス移転をする会社も少なくありません。ただ、23区内にオフィス移転をする場合には、いくつかの問題を解決しなければならないでしょう。1番の問題はやはり金銭的な問題になります。23区内は地方に比べると賃料が高く、テナントを借りる場合も今までの2倍位の経費になってしまう可能性があります。

都内に出るメリットを考えることが大事

経費を考えた場合には、移転するだけのメリットを見つけ出すことが必要になります。例えば、東京にお店を出す場合であれば、地方にお店を出すときに比べて確実に売上が伸びると予想できる場合には23区に移転した方がメリットが大きいです。これを判断する上には、実際にリサーチをすることが重要になるでしょう。リサーチは自分たちで行うこともできますが、リサーチ専用の会社に依頼することで正確な数値を出すことができるでしょう。移転が決まった場合には、テナントを決めることが必要ですが、テナントは必ずしも一階にする必要はありません。オフィスの場合は2階以降で問題ありません。また、店舗でもマッサージ店やエステサロンなどは2階にテナントを借りた方がいい場合が多いです。

オフィス移転に伴う内装の見積もり

オフィス移転には、内装を考える必要がありますが、内装の専門業者から見積もりを取ることから始めなければなりません。見積もりは、ひとつの業者だけに依頼せずに複数の業者に依頼することが必要になります。なぜ複数の業者に依頼する必要があるかといえば、比較をする必要があるからです。内装を依頼する場合には、なかなか相場がわかりにくく、ひとつの業者だけでは適切な料金かどうかの判断が難しくなります。また、合計金額だけではなく詳細も確認しておく必要があるでしょう。壁紙を新しくする時には、壁紙の単価やどれくらいの長さかを確認することです。詳細が書かれていない場合、どのようにその料金を出したの不明確で、適当に決めている可能性も考えられます。