東京にオフィス移転をする会社の注意点

23区に移転するのは大きなメリットがあるから

東京に移転する会社が少なくありませんが、そもそもなぜ賃料の高いところに移転するか疑問に思う人も少なくないでしょう。東京23区内にオフィス移転する理由の一つは、場所が便利だからです。例えば埼玉県の熊谷や深谷の方にあった会社が都内にオフィス移転するとすれば、一気に交通の便が良くなり通勤通学に便利になります。もちろんもともと事務所があった場所の近くに住んでいた人からすれば遠くなりますが、これから会社に入る人や、事務所に訪れるお客さんにとっては大きなメリットと言えます。特に来客が多いお店や事務所の場合には、23区内に事務所があれば、お客さんを案内するとき非常に便利です。またお客さんに負担を与えず魅力的と言えるでしょう。お店の場合に限定して考えれば、確実に地方都市に比べると23区内の方がお客さんが入りやすいです。

事務所を移転すると賃料が高くなることがネック

都内にオフィス移転する場合には、ひとつ問題点があります。それは、賃料がなくなってしまうことでしょう。地方都市で開業していた場合であれば、賃料が毎月10万円程度だった場合でも、都内23区に行くと20万円ほどの賃料を支払わなければならなくなることも珍しくありません。この場合には、賃料の安いところを選ぶ必要がありますが、そうすると交通の便が悪くなり、駅から徒歩10分以上の場所になってしまう可能性もあります。また、駅の近くで交通の便の良い場所もないわけではありませんが、築50年近くの雑居ビルの一室などになり、いまだにインターネットがつながっていないところなども存在しています。もちろん、それでも東京に行くことで多くのお客さんが入るか売り上げが伸びると予想できれば、23区内に移転する意味も大きいでしょう。

お金をかけずオフィスを移転する場合のポイント

お金をかけずにオフィス移転する方法は、一つあります。その方法はバーチャルオフィスを使うことです。バーチャルオフィスとは、実際にはその住所にお店や事務所がありませんが電話番号そして住所を借りる仕組みです。バーチャルオフィスは、何のためにあるかといえば、信頼を得るためにあります。通常その会社はどこにあるかによってその事務所の信頼が決まりますが、23区内に事務所があるとすれば、しっかりとしたところと思われる可能性が高いです。バーチャルオフィスを利用する場合には、そこに事務所ありませんが、電話などはすべてバーチャルオフィスの業者の人が出てくれます。バーチャルオフィスにお願いをして派遣社員を雇うこともできるため、電話対応などは問題ありません。郵便物も、転送サービスが利用できますので、ほとんど問題ないでしょう。